失敗しない避妊法

避妊薬で失敗してしまう事例

「避妊薬を飲んでいるから大丈夫」と、コンドームなども使用せずに性交渉を行って妊娠してしまうことがあります。これは何が原因なのでしょうか。原因の一つとして考えられるのは、避妊薬を飲み始めたタイミングです。飲み始めたからすぐに効果があるというわけではないのです。避妊薬を飲み始めるタイミングは基本的には生理初日からになり、その場合には飲み始めてからすぐに効果があります。しかし、生理初日以外から飲み始めた場合、飲み始めてから1週間ほどしなければその効果は出ないのです。生理の1日目が良く分からないという場合には、1週間ほどはコンドームなどと併用するか、その間の性交渉を控えるようにすると良いでしょう。他の原因としては、避妊薬を正しく飲んでいないことです。基本的に避妊薬は28日を1つの周期として作られていて、そのうちの21日間の薬に女性ホルモンが配合されています。この錠剤を毎日21日間継続して同じ時間に飲むことで女性ホルモンの血中濃度を保ち、排卵をしないようにコントロールしているのですが、服用を忘れてしまうと血中濃度が代わってしまうため排卵が起こる可能性があります。1日の飲み忘れなら避妊効果は継続していますが、2日飲み忘れると効果がなくなってしまうため、次の生理から再度新しいシートを飲み始めなければならないと言われています。また、避妊薬の種類によっては女性ホルモンの配合量が段階的に違っているものがあります。さらに女性ホルモンの配合されてない偽薬と呼ばれる薬が入っているのですが、飲む錠剤を間違えてしまうと飲み忘れと同じ状態になってしまい排卵してしまうことがあります。このようなことから、避妊薬は決められた時間に毎日忘れず、間違わずに飲むようにすることが重要になります。

避妊薬で効果が得られない人の対処法

基本的に避妊薬は正しく服用する事によってかなり高い効果を期待する事が出来る薬となっています。しかし飲み忘れてしまうとその効果は一気に下がってしまうので、それを防ぐ為にも毎日同じ位の時間に服用すると言う習慣づけが必要となって来ます。では、もし避妊薬で効果を得る事が出来ないと言う人がいたらどうすれば良いでしょうか。高い避妊効果とは言っても、その効果は100%ではありません。強い吐き気を感じてしまい飲み続ける事が出来ないと言う人もいるので、そういう場合に避妊薬を利用し続ける事は体に大きな負担を掛けてしまう事にもなりかねないので、出来れば避ける方が無難です。ただ何も対策を行わなければ妊娠してしまう可能性は高くなるので、そのまま放置する事は出来ません。そういう場合は他の避妊方法を利用すると言うの一般的です。現在利用している避妊薬が合わないと言う時は、別の物を利用する方法もあります。そこで服用する事が出来ると分かったら、それを利用するのも良いでしょう。また避妊薬のみでの効果と言うのは前述した様に100%ではないので、よりその効果を高める必要があります。従って、その為にも他の方法と併用すると言う事が必要です。現在日本国内で多くの人が選んでいる方法の一つがコンドームの利用です。手軽に行う事が出来るだけでなく、性感染症の予防などにもつながるので選ばれる事は少なくありません。コンドーム自体の成功率も100%ではありませんが、避妊薬と併用する事によってより妊娠しにくくすると言う事は可能です。従って、薬だけでは効果を感じる事が出来ないと言う場合は、その方法に固執するのではなく、他の方法にする方が良いでしょう。

避妊薬が服用できない人について

避妊薬は、健康な女性が服用するための薬なので、健康に問題がある場合には、服用できません。全く服用できない場合と、医師の管理下で慎重に服用をする場合がありますので、それぞれについて詳しく説明します。全く服用できない(絶対的禁忌)とされているのは、次のような人です。避妊薬には、エストロゲンが含まれているので、エストロゲンによって悪化する乳がん、子宮体がん、子宮筋腫、子宮頸がんの人は服用できません。避妊薬は血液を凝固しやすくする作用があるので、血栓性静脈炎,肺塞栓症,脳血管障害,冠動脈疾患の人や既往歴のある人は服用できません。血栓症のリスクが上がるため、35歳以上で1日15本以上の喫煙者、高血圧の人、大手術の術前4週間、術後2週間の人症状が悪化することがあるため、重篤な肝障害、肝腫瘍のある人は服用できません。妊娠中の安全性が確立されていないので、妊娠している人や妊娠の可能性のある人は服用できません。母乳に移行するため、授乳中の人も服用できません。思春期前の女性は、服用によって骨端が早期閉鎖する恐れがあるため、服用できません。次に、慎重な判断が必要(相対的禁忌)なのは次のようなケースです。40歳以上の人、喫煙者、家族が乳がんや血栓症になったことがある人、肥満、軽度の高血圧の人、糖尿病、肝障害のある人などです。てんかん、テタニーの症状も悪化する可能性があります。これらは、避妊薬を処方してもらう際の問診や検査によって、医師が判断します。また、服用を継続する場合には、定期的に検診を受ける必要があります。海外輸入代行などで避妊薬を入手する場合にも、自己判断せずに医師の診断を受けて安全な服用をしてください。

■避妊のために薬の飲み方はしっかり覚えましょう
アフターピル
■避妊薬ならお得なこの薬を使ってみましょう
トリキュラー